敏感肌 化粧品 おすすめ

敏感肌対策の化粧品の選び方について

敏感肌 選び方 画像敏感肌向けの化粧品と一口に言っても、その種類は様々です。

 

たくさんある化粧品の中からどのように選べば良いのか、
ここでは敏感肌向けの化粧品の選び方のポイントを紹介します。

 

 

きちんと保湿出来るものを選ぶ

 

敏感肌を改善する為に、保湿をしっかりすることは欠かせません。

 

セラミドやヒアルロン酸など、保湿成分がしっかりと配合されている
化粧品を選ぶようにしましょう。

 

 

 

敏感肌用の化粧品を選ぶ

敏感肌 選び方 画像

 

敏感肌用化粧品として販売する為には、厚生労働省に
認可される必要があり、その基準は厳しくなっています。

 

基準として安全性が重視されていて、香料や着色料、アルコール、
鉱物油の配合が認められていません。

 

 

成分だけでなく容器も品質を維持して使用出来るものにするなど、
徹底した基準の元で作られています。

 

 

ですが、敏感肌用の化粧品なら誰でも使えるわけではありません。

 

表示の義務が無い成分の中に、人によっては刺激となるものもあり、
使ってみると肌に合わないという可能性もあります。

 

敏感肌用という言葉を過信し過ぎるのには注意が必要です。

 

 

肌に刺激の与えない化粧品を選ぶ

敏感肌 選び方 画像

 

肌が刺激に弱くなっている為、肌に負担となる成分は
なるべく避けたいところです。

 

特に注意したい成分をいくつか紹介します。

 

 

エタノール

敏感肌 選び方 画像

 

化粧品に用いられるアルコールであるエタノールは
揮発性が高いため、肌の水分を奪ってしまいます。

 

殺菌作用があるのでニキビ対策に使われたり、
ひんやりした使用感や皮脂のべたつきを抑えてくれるので、
皮脂が多い人にとっては気持ちよいと感じるかもしれません。

 

ですが、水分や皮脂を取り除くことは敏感肌には良くないですよね。

 

 

また、化粧品には「セチルアルコール(セタノール)」
「ベヘニルアルコール」「ステアリルアルコール」
「イソステアリルアルコール」「フェキシエタノール」など、
アルコールやエタノールとつく成分が含まれていることがあります。

 

これらは化学構造上こういった名称が付いているだけで、
性質としてはエタノールとは異なります

 

セチルアルコール、ベヘニルアルコール、ステアリルアルコールは
製品の粘性を高めたり固化する為に用いられる油分で、
液状の油分であるイソステアリルアルコールは乳化剤、
フェキシエタノールは防腐剤として使用されています。

 

 

「アルコールフリー」としている化粧品の指すアルコールとは
「エタノール」のことです。

 

 

香料、着色料

 

化粧品の機能面からすると香料や着色料は不要なものです。
また、香料の中には光が当たることで刺激になるものもあります。

 

肌に負担になるものを減らすなら避けたいところです。

 

 

自然由来成分、天然成分

敏感肌 選び方 画像

 

自然由来や天然成分というと一見すると身体に良さそうです。

 

確かにきちんと原料を選んで作られている自然由来成分の
化粧品もあるのですが、そうではないこともあります。

 

自然由来成分の中にも肌に刺激の強い成分もあります。

 

 

さらに突き詰めていくと製造過程にも落とし穴があります。

 

原料から成分を抽出する際やそれを保存する際に
化学的に合成された成分を用いることもあります。

 

これをキャリーオーバー成分と呼ぶのですが、
これらの成分は法律上表記の義務がありません。

 

その為、肌に負担の掛かる成分を使っていても分かりません。

 

 

因みに完全に化学合成された成分を使用しないで
化粧品を作ることは不可能です。

 

自然由来だから安心と安易に選ばないようにしましょう。

 

自然由来、天然、オーガニックなどとついた化粧品を選ぶ時は、
その製品が信用出来るものかどうかを見極める必要があります。