敏感肌 化粧品 おすすめ

敏感肌を改善する為の対策は?

敏感肌 対策 画像放っておくと悪循環で悪化してしまう敏感肌ですが、

改善するにはどういった方法があるのでしょうか。

 

敏感肌は乾燥による肌のバリア機能の低下が原因なので、
そこを補ってあげる必要が出てきます。

 

その為には外側からの保湿と、内側からのケアが大切です。

 

 

乾燥した肌の保湿

敏感肌 対策 画像

 

べたつくからとクリームなどを使わないこともありますが、
水分だけ肌に与えても意味がありません。

 

水分だけの補給は与えた水分が蒸発してしまいます。

 

与えた分だけが蒸発するのなら良いのですが、
この時、元々肌にあった水分も一緒に蒸発させてしまいます。

 

過乾燥という現象です。

 

乾燥した唇を舐めたらいけないと良くいいますが、これが理由です。

 

 

そこで重要なのが、きちんと油分で蓋をすることです。

 

 

角質細胞間脂質であり保湿力に優れているセラミドや、
真皮に存在するヒアルロン酸、エラスチン、コラーゲンなど、
保湿力のある成分が含まれた化粧品でケアすると良いでしょう。

 

 

洗顔は優しく行う

 

敏感肌は皮脂が不足している状態です。

 

洗顔は汚れを落とすと同時に、肌を守っている皮脂も落としています。

 

その為、必要以上に洗顔を行うと乾燥の原因になるので、
洗顔はなるべく優しく行いましょう。

 

合成界面活性剤の入った洗顔料や動物性由来の石鹸は
特に皮脂を落としやすいとされています。

 

敏感肌対策としては合成界面活性剤フリーの洗顔料や、
植物性由来の石鹸で洗顔すると良いでしょう。

 

敏感肌 対策 画像

 

摩擦による刺激も肌の負担になる為、しっかりと泡立てて
擦り過ぎず優しく撫でるようにして洗顔すると良いです。

 

 

すすぐ際は、冷たい水や熱いお湯は良くありません。

 

毛穴を引き締める冷たい水は汚れをきちんと落とし切れず、
洗顔後のケアの妨げになることがあります。

 

冷たい水はそれ自体が刺激になるのも良くない理由です。

 

また、敏感肌にとって熱いお湯は絶対NGです。
熱いお湯は肌の皮脂を必要以上に奪ってしまいます。

 

洗顔する際の水の温度は、少し温い水くらいが目安です。
具体的にいうと28度〜30度くらいが良いです。

 

 

生活習慣の改善

 

睡眠不足の改善

 

人の細胞は眠っている間に作られ修復されています。

 

その為、睡眠時間が足りないと皮膚がきちんと作られなくなり
肌が荒れたり、荒れた肌が治りにくい状態になります。

 

肌が荒れているなと思ったら、きちんと睡眠時間を確保しましょう。

 

 

ストレスを溜めない

敏感肌 対策 画像

 

ストレスが溜まると自律神経やホルモンバランスに影響し、
身体の代謝が悪くなり肌が荒れやすくなります。

 

なるべくストレスを解消するようにしましょう。

 

 

暴飲暴食、たばこを控える

 

これらも肌荒れの原因の一つです。

 

敏感肌を予防、解消する為には控える必要があります。

 

 

食事の内容を見直す

敏感肌 対策 画像

 

身体の外側からのケアも大切ですが、内側からのケアも重要です。

 

バランスの良い食事が基本です。
特に次のポイントを抑えると良いでしょう。

 

 

  • 発汗作用を促す食べ物を食べ、皮膚の水分量を増加させる。
  • 皮膚の材料になるタンパク質をしっかりと摂取する。
  • セラミドが含まれる玄米や穀類を食べる。
  • ビタミン類を摂取する。

 

 

胃腸の調子を整える食事

 

肌荒れと胃腸の働きは関係しています。

 

便秘で悪玉菌が腸内で増加すると活性酸素が発生したり、
善玉菌の不足はビタミンB群の合成を妨げたりするからです。

 

 

善玉菌を増やしてくれるヨーグルトや牛乳、
便秘解消に食物繊維を含む食材を食事に取り入れましょう。